バイアグラを病院で処方してもらうまでの流れ

1錠から処方可能なので、とりあえずの相談でもOK

ED治療ではペニスに変形などの問題が無い場合は、患部への触診や服を脱ぐといったことは必要無いです。
これが嫌で病院受診を渋る人が多いですが、患部に何も問題がない内科的、精神的な症状の場合は問診と診察だけで終わりです。
処方は院内でしてもらえるところもあります。
バイアグラは1錠から処方可能という病院もあるので、とりあえず試してみたいという時には相談してみるといいでしょう。
バイアグラ以外にも複数の薬を扱っているところだと、いくつかの薬を1錠ずつ使ってどれが最適化を試してみることもできます。
診察中に特に必要な持ち物はありませんが、持病があって飲んでいる薬が多いならばお薬手帳があるといいです。
バイアグラなどED治療薬は血管を広げる薬なので、同様の効果をもつ硝酸剤との併用は禁忌になっているからです。
硝酸剤を処方されている可能性が高いのは、狭心症や心筋梗塞の経験がある人です。
こういう人は再発を防ぐ目的で硝酸剤を飲んでいる可能性があるので、必ず医師に伝えておきましょう。
EDを医師に相談したいけれども、女性の看護師やスタッフがいると気になるという場合には、男性のみのスタッフで構成されている専門の病院を受診するといいでしょう。
最近では専門のクリニックでは、男性スタッフのみという気遣いをしているところが増えています。

病院でのバイアグラ処方、早いと15分くらいで1錠から処方可能なので、とりあえずの相談でもOK安さ重視ならジェネリック薬